税理士と司法書士

まず、税理士の運営する代行サービスのメリットについてですが、税理士が運営しているので税務の相談をしながら設立を進めていけます。また、設立についての決定事項も税金の観点から見た最適解を出せるので、コスト削減に強いと言えるでしょう。基本的には設立後には専属契約する事になりますので、その後の会計処理なども任せられるので、会社設立からその後の運営までスムーズに事が運ぶでしょう。

司法書士が運営している物ですと、税理士のように会計を任せる必要がないので自分で行いたいという場合や、既に専属契約する当てがあると言う場合には丁度良いでしょう。

また、前提的に掛かる費用が安くつくことが多いのでなるべくコストを抑えたいという方には向いています。許認可の申請が必要な場合ですと、司法書士に依頼すればスムーズに事が運ぶのでそう言った事情がある方はこちらに依頼すると良いのではないでしょうか。

税理士に依頼すると専属契約がセットになる場合が多く、司法書士に依頼すると税務や会計についての的確なアドバイスが貰えない可能性が高くなります。どちらが良いかは状況や何を重視しているかによって変わってきます。続いては一般企業が運営する者と、インターネット上で営業されている物についてです。